残雪に渓流師の足跡を見る

スポンサーリンク

今日は山形の渓流解禁日。今年も川虫で狙ってみます。

スポンサーリンク

解禁日の渓流へ

朝駆け

今日、4月1日は山形の渓流解禁日です。土曜日なんで仕事は休み。解禁日に釣りに行けるなんて滅多にないので、気合を入れて朝駆けしてみます。

早朝、某川に到着すると、すでに2台も車が。車中泊をしながら夜明けを待っていたみたいです。うーん。今日はあまり釣果は期待できないなぁ。とりあえず、川虫捕りでもするか。

川に降りてみると。

画像説明

今年は残雪があります。去年が異常で、これが普通だと思います。くもりの予報なんで、あまり活性は上がらなそう。

桐の餌箱

今年から餌箱を木製のものに変えました。

画像説明

上州屋で投げ売りされていた桐の餌箱です。値段はなんと100円。詳しくは1月の投稿『川虫に桐の餌箱がいい理由』を御覧ください。

いつものようにスコップで川石をひっくり返していくと、お目当てのヒラタ以外にも美味しそうな川虫が。

画像説明

クロカワムシ(ヒゲナガカワトビケラの幼虫)。フライで言うところのカディスラーバですね。

画像説明

カワゲラの一種。詳しい名前は分かりません。琥珀色がきれいだったので、撮ってみました。

初ヤマメ

カッパ極(川虫用のハリ)にヒラタをつけて、淵の中央を流してみます。

画像説明

ちょっとサビていますが、まあまあのヤマメ。去年のような爆釣とはいきませんでしたが、初ヤマメを拝めたので、良しとしましょう。

画像説明

イワナの顔も見たくなり、上流部へ向かいますが、残雪に足跡が続いています。3人くらいは入っているみたいです。

道を踏み外したら怖いので、今日はここまで。来年はカンジキでも用意しようかな。

スポンサーリンク

コメントを残す