2014年レギュラーシーズンのフライ釣果集計

スポンサーリンク

今シーズンの釣果を集計してみました。マメな人なら、当たり前のことなのかもしれませんが、ズボラな私は今回が始めてです。

スポンサーリンク

釣りの上達度を測るには

年間で何匹?

先ず、今シーズンの釣果(匹数)を数えてみます。

対象魚はイワナとヤマメ。釣法はフライフィッシングのみ。C&R区間は含みますが、管釣りは含みません。

結果、144匹でした。月別、魚種別に集計すると、次のようになります。

魚種 4月 5月 6月 7月 8月 9月 合計
イワナ 1 14 33 12 9 46 115
ヤマメ 0 0 10 9 3 7 29
合計 1 14 43 21 12 53 144

仕事の都合で、出足がちょっと遅れたのと、雪代期はエサ釣りも試していたんで、4月はちょっと寂しい結果になりました。

でも、年間の匹数でみると、自己最高なのは確かです。釣果を数え始めたのが、今シーズンからなんで、過去9年のデータはありませんが。

釣行日数でみると

匹数だけだと、釣行日数を稼げば伸びるんで、釣りの腕を測るのには、ちょっと無理があります。そこで、匹数を釣行日数で割ってみることにします。

今シーズンのフライ釣行日数は35日。これで匹数を割ると、144÷35≒4.11。1日あたり4匹強といったところですね。

月毎に集計すると、次のようになります。単純化するために、イワナとヤマメをいっしょくたにしてあります。

4月 5月 6月 7月 8月 9月 合計
匹数 1 14 43 21 12 53 144
日数 2 5 9 6 6 7 35
匹/日 0.50 2.80 4.78 3.50 2.00 7.57 4.11

新規探索が多かったことを考えても、1日4匹というのは、ちょっと寂しいですね。坊主も8日ありましたし。

あるエキスパートは、1日に100匹釣ることも珍しくないそうです。それを考えると、まだまだひよっこです。

釣行時間でみると

釣行日数での集計にも問題があります。それは、丸一日釣り歩いても、仕事帰りにチョイ釣りしても、同じ1日として計算してしまうからです。

そこで、考えたのが釣行時間(h)で匹数を割る方法。横文字で、CPH(catch per hour)とでもしましょうか(笑)。

何をもって釣行時間とするのかが重要ですが、一応、川で竿を出してから、仕舞うまでということにしてあります。移動する場合でも、高巻きなどで同じ区間を移るときは釣行時間に含め、川を変えたり、同じ川でも、区間を変えるときは含めていません。

とはいっても、かなり、大雑把なものです。今シーズンは、記録していない日もあったくらいで、写真の撮影時刻などから、なんとか割り出しました。

これをせっせと、表計算ソフトに入力して、集計したのが次の表です。

4月 5月 6月 7月 8月 9月 合計
匹数 1 14 43 21 12 53 144
時間(h) 3.50 25.50 32.00 22.50 20.25 23.50 127.25
CPH 0.29 0.55 1.34 0.93 0.59 2.26 1.13

釣行時間の合計は127.25時間で、1時間あたり1匹強。やっぱ、少ないですね。

とりあえずはCPHで

このCPH(時間あたりの匹数)。一見、単純ですが、釣りの上達を測る指標として、そこそこ使えるんじゃないでしょうか。匹数の他に、釣りの開始と終了時刻をメモっておくだけなんで、そんなに手間もかからないですし。

同じような指標として、もっと細かく、CPC(キャストあたりの匹数)というのも思いついたんですが、いかんせん、手間がかかりすぎます。

無駄なキャストが少ないというのも、上級者の条件ですので、測れさえすれば面白いとは思いますが。ロッドに万歩計でもつければ、可能ですかね(笑)。

条件によってレートを調整すべきか

渓流釣りは自然そのものが相手なんで、実力以外の条件が成績に及ぼす影響は、球技などに比べて大きいと思います。

かといって、条件が悪いときにポイントを加算するというのも違う気がします。例えば、マズメの時間帯は日中に比べ釣りやすいんで減算するとか、先行者がいれば倍にするとか、新規の川では1割り増しするとか。

これは、野球の打率を考えてみても明らかです。初めて対戦するダルビッシュが相手なんで、打者に有利にレートをチューニングするなんてことはないですしね。

釣りも、一応、スポーツなんで、野球やゴルフのように、実力を表す指数というのが、もっと出てきてもいいと思うのは、私だけでしょうか。

サイズの評価をどうするか

釣りの実力を表すのは匹数だけではありません。サイズも重要です。

本当は、1匹1匹サイズを計測してメモっておけば、もっと複雑な評価もできるんでしょうが、リリース派にとっては、手間が掛かり過ぎて、釣りどころじゃなくなります。キープ派なら、持ち帰ってから測れるんですけどね。

渓流では尺というのが、ひとつの指標になります。

なので、私は尺以上の場合のみ、他の釣果とは分けて、その数を控えておくようにしています。野球にたとえると、CPHは打率。尺超えはホームランといったところでしょうか。

今シーズンの尺超えは、恥ずかしながら、イワナ1匹のみでした。やっぱ、まだまだですね

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください