夏を釣り切る!水分補給のためのアイテム2選

スポンサーリンク

6月に入りました。昨夏は猛暑でプッツンしてしまったので、今年は何とか乗り切らなければ。

スポンサーリンク

片手で素早く水分補給

熱中症

最近の夏はホント暑いです。ここ山形でも、5月には30℃越え。真夏だと35℃以上の猛暑日が続くことも珍しくありません。

標高の高い山岳渓流ならまだマシですが、盆地の里川ともなると、生死に関わります(笑)

渓流釣り、特にフライの場合、装備が重くなってしまいがちなのと、虫対策で長袖シャツを着ないといけないので、尚更です。

ペットボトル

熱中症対策で重要なのは、何と言っても水分補給

それも、一気飲みはダメで、ちびちびと晩酌みたいに飲まないといけません。

渓流に通い始めた頃は、いっちょまえにも、キャメルバッグ(背中に水枕をしょって、長いストローで飲むやつ)を使っていたんですが、メンテナンスがめんどくさすぎて、カビが生えてきたので廃棄。

その後、洗いやすいようにと、ナルゲンの広口ボトルを試したものの、これまたカビのため廃棄。

で、結局行きついたのがこれ。

ペットボトル

500mlのペットボトルです。どこにでも売っているし、飲み終わったらごみ箱にポイ。

その気になれば、洗って再利用することもできますし、カビが生えたら捨てればいいだけ。

口で開けられるキャップ

上の写真のフタの部分にお気づきですか? これ、ペットボトル付属のキャップの代わりに取り付けて使うもので、プッシュプルキャップと呼ばれています。

その名の通り、押したり引っ張ったりすることで開閉します。

YURENIKUIのキャップ

YURENIKUIのペットボトル用キャップ。5個で540円。

プッシュプルキャップを開けた状態

軽く噛んで引っ張ると、開きます。閉じるときは、前歯に押し当てるだけ。

仕組みは台所洗剤のキャップと同じです。飲み方が哺乳瓶みたいになりますが、水に落とすこともないし、片手で開け閉めできるので、かなり便利です

 YURENIKUI キャップセット(ペットボトル用キャップ5個)

片手で取り出せるホルダー

ボトル類で問題なのは、どうやって携帯するかです。

これまで使っていたナルゲンの巾着袋みたいなボトルケースが、あまりにも使いにくかったので、今年はペットボトル専用のホルダーを買ってみました。

真夏だと500ml1本がすぐ無くなっちゃうんで、2個です。

ボトルホルダーα

タックルインジャパンのボトルホルダーアルファ。ウェーダーのベルトにベルクロで固定して使います。

ボトルホルダーの蓋を開けた状態

片手でフタの開け閉めができます。カールコードは万が一の落下防止のため、私が付けたもの。

ホルダーからペットボトルを取り出したところ

生地がしっかりしているので、出し入れも片手でできます。

2本のペットボトルを携帯したところ

2本で約1kgになりますが、腰で支えているので、あまり重さを感じません。

ボトルホルダーアルファの使用感

ベルクロだけの固定に不安がありましたが、かなりしっかり巻き付くので、山岳渓流の釣り上がりでも取れることはありませんでした。ブラブラ感もほとんどありません。

このホルダーの最大の利点は、プッシュプルキャップと併せて使うことで、片手が塞がっていても、水分補給できること

渓流の釣り上がりはもちろん、鮎や磯にも最適かと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す