レギュラーシーズン最終釣行!置賜野川でイワナ爆釣

スポンサーリンク

爆釣は言い過ぎです(笑)。でも、イワナ20匹は、私にしては、上出来。

スポンサーリンク

置賜野川(おきたまのがわ/おいたまのがわ)

終わりよければ

9月最後の日曜日。明日あさっては仕事なんで、これが、レギュラーシーズン最後の釣行になります。

シーズンに悔いを残さないためにも、なんとか、いい釣りがしたい。

で、思い切って、長井市の置賜野川に行ってみることにしました。自宅から、車で2時間以上かかるんで、結構、遠いんですけどね。

朝日連峰の川

置賜野川は、朝日連峰から南側に流れる、最上川の支流で、全長は30kmにもなります。

朝日連峰からは、置賜野川の他にも、北側に流れる寒河江川をはじめ、朝日川、月布川、東大鳥川、荒川、三面川など、四方八方へ、有名河川が延びています。

渇水

ダムを2つ越え、狭い林道をくぐり抜けて、ようやく目的地、祝瓶山荘(いわいがめさんそう)に到着。

ここに来るのは、今日で、3回目になります。

山荘の前にある広場に駐車しようとしたんですが、既に10台くらいの車が止まっています。仙台、福島、宇都宮などなど。県外ナンバーも多いようです。登山なのか、釣りなのかわかりませんが、キャンプもやっているみたい。

とはいえ、他の入渓点を知らないので、山荘脇に、無理やり車を止め、いつもの場所から、川岸に降りてみると。

入渓点近くの瀬

かなり、渇水してます。今年の5月末に、初めて来たときは、雪代で増水していて、ちょっとした瀬を渡るのも大変なくらいだったんですけどね。

入渓点近くの瀬

最初の1匹。少し上ったところで、浮いていたイワナ。水が綺麗過ぎて、浮いているやつは丸見えです

吊り橋

祝瓶山(いわいがめやま)の登山道へ抜ける、吊り橋が見えてきました。エサ釣りの人たちは、この道を通って、さらに上流へ行くことが多いみたいです。

置賜野川のつり橋

コンクリートの構造物は橋ではありません。その上に、うっすら写っているのが吊り橋。5月に来たときは、橋板が外されていて、渡れませんでした。

橋の左岸の根元が淵になっていて、イワナが溜まっています。先週来たときには、ここで結構釣れたんですが、今日は底にベッタリで、浮いてくる気配なし。やっぱり、先行者かなぁ。

コンクリートを登って、上流へ行こうと思ったんですが、ちょっと無理っぽい。淵も深くて渡れないので、右岸側の支流を上ることにします。

置賜野川のつり橋

渇水してるんで、ポイントは少なめ。たまに小さいのが出る程度です。それにしても、足跡が多い。

2段堰堤

しばらく上ると、堰堤が見えてきました。ここまでの釣果は、イワナ8匹。でも、サイズがイマイチなので、ここで、なんとか挽回したいところ。

置賜野川のつり橋

手前から探ってみると、一投目で、ヒット。幸先がいいです。長丁場になりそうなんで、ベストとカメラを降ろし、ロッドだけで臨みます。

置賜野川のつり橋

2匹目は、なかなかのプロポーション。フライをガップリ飲んじゃってます。結局、下段では8匹釣れました。

沢登り気分

まだ時間があるので、上段に上ってみることにします。左岸の岩盤を、よじ登るんですが、容赦ない水攻め。ちょっとしたシャワークライミングです。ここを登るのは、渇水期じゃないと、無理でしょうね。

ビショビショになりながら、這い上がると。

置賜野川のつり橋

結構、広いプールになっていました。底はほとんど砂です。しばらく、粘ってみたんですが、ここでは3匹止まり。

ラスト1匹

帰り際に、先ほどの吊り橋下の淵で、1匹だけ浮いているのが見えました。エルクヘアカディスを投げてみるものの、無視。サイズを落としても駄目。

何を食ってるんだか、フライを18番くらいのCDCに変えて、やっと出てくれました。

置賜野川のつり橋

今日の20匹目。ちょっと小さめですが、これが、レギュラーシーズンのラスト1匹になります。10回くらい見切られたかなぁ。でも、ちょっと、顔が潰れてますね。

人も多いが、魚も多い

車や、足跡から、かなりの人が入っていたのは間違いないんですが、それでも、20匹釣れたので、魚は濃いといっていいんじゃないでしょうか。わざわざ、県外から来るのも頷けます。

同じ有名河川でも、最上白川(ダム上)は、今年、2回行って、釣果ゼロ。やっぱり、漁協がしっかりしていないと、渓流は駄目ですね。

まだまだ、先は深い

今回、釣り上がった支流は、角楢沢(かくならさわ)の下流部のようです。地図を見ると、登山道を通って、堰堤の上に出られるみたいなので、今度、来たとき、チャレンジしてみます。

大物を狙って、本流の上流部もやってみたいし、下流の沢も面白そう。これで、ひとつ、来シーズンの楽しみが増えました。

スポンサーリンク

コメントを残す