山形の野尻川でスイカを食べているタヌキに出会う

スポンサーリンク

シーズンも終盤。釣り疲れからか、同じ川に行くのが億劫になってきた今日この頃。

一昨日に続き、またまた、新規探索です。

スポンサーリンク

野尻川(のじりがわ)

福島じゃなくて山形の

渓流釣りで野尻川というと、福島県の方が有名らしいんですが、今回、探索したのは、山形県の方。尾花沢市と大石田町を流れ、最上川に注ぐ、野尻川です。

地図を見ると、源流は、最上町との境にある熊ノ返山(くまのがえしやま)みたいです。怖い名前だなぁ。

県道318号から、細い道に入り、民家を抜けると、川が見えてきます。

田んぼがあって、里川っぽい渓相なんですが、林道との高低差があって、なかなか降りるところがありません。

しばらく、進んでみるものの、目ぼしい入渓点が見つからず、水も少なくなってきたので、だいぶ、引き返したところにある、小さい橋から入ることに。

野尻川の小淵

川幅は、狭いところだと1mくらいです。所々、護岸されていて、用水路を釣っているような気がしてきました。水はそこそこ綺麗です。

野尻川のイワナ

少し上ったところで出たイワナ。これで、今日一番のサイズ。

入るのが少し遅かったかも

時計を見ると午後4時半。川通しで引き返すとしたら、そろそろ戻らないといけないんですが、もう少し先に進んでみます。

護岸が途切れ、右岸は断崖絶壁。日があまり届かないため、薄暗くなってきました。目を凝らしながら、目ぼしいポイントに、フライを流すものの、ほとんど反応がありません。

野尻川のチャラ瀬

薄暗い断崖を抜けると、細いチャラ瀬が続いていました。右岸(写真左)は相変わらず、険しいです。

午後5時過ぎ。これが最後と思って流したフライに、久しぶりの当たりが。

野尻川の小さいイワナ

チビイワナです。まだ、パーマークが残る幼魚なんですが、ピチピチしていて、元気がありました。

登るのも一苦労

曇りだったせいもあり、辺りはだいぶ暗くなってきました。引き返すには遅すぎるので、なんとか右岸を登れないかと、ルートを探していると、土砂崩れの跡らしい、細い筋が見えました。

軍手をはめて、よじ登り、なんとか、道路際まで、たどり着いたんですが、最後の2メートルが登れない。砂地のため、アスファルトが崩れているみたいです。

とは言え、戻るわけにはいかないので、意を決して、ロッドを道路上に放り投げ、木の根につかまって、ボロボロ崩れる砂壁を、なんとか登りきりました。

熊かと思って焦る

せっかくなので、車に戻る前に、もうちょっと上の様子を見に行ってみます。

途中、なにやら果実酒っぽい匂いがしてきました。山葡萄でもなっているのかと思いながら、しばらく、歩いていると、川際の草むらで、ゴソゴソと、物音が。

見ると、大量のスイカに、丸っこい獣が、5、6匹、群がっています。一瞬、子熊かと思ったんですが、よく見ると、タヌキでした。

尾花沢といえば、スイカが有名。採れすぎたんで、誰かが、不法投棄していったんでしょう。熊だったら、えらいことでした。ハエもたかるだろうし、やめてほしいものです。

スポンサーリンク

コメントを残す