意外な川で2桁釣れた日

スポンサーリンク

なんとなく行ってみた近くの川で、いい釣りができました。

場所は、自宅から車で30分ほどのところにある、山形県内陸部の某河川。前から、気になってはいたんですが、入るのは初めてです。

スポンサーリンク

意外な川

日並がよく、先行者もいない

この川。地元でも、あまり話題に上ることがない、マイナー河川。中流部には、昨年の解禁直後、下見に来たことはあったんですが、上流部に来るのは初めてです。

渇水気味の支流

ドライに反応がないので、ニンフで釣り上がります。ちょっと増水してて、川幅も広くないので、なかなかテクニカル。日曜日の午後にも関わらず、先行者の形跡がありません。昨日も入ってないっぽい。

イワナ

少し上ったところで出た、25cmくらいのイワナ。これくらいのサイズが、立て続けに釣れました。昨日までと、打って変わっての陽気で、活性が高いみたいです

飽きない渓相

大場所はないんですが、渓相に変化があって、なかなか面白いコースです。

PM5:30頃、小さめの淵のヒラキに、石が突き出ている、好ポイントに差し掛かったんですが、右岸から、太い木が真横にせり出していて、かなり難しそう。上に回ると、気づかれそうだったんで、引っ掛けるのを覚悟で、真下からサイドキャスト

ダブルニンフだったんですが、奇跡的に木の下をすり抜けて、石の1mくらい上に入りました。

マーカーが石裏に差し掛かった直後、スポッっと、明確な当たりが。

良型のヤマメ

釣れたのは、良型のヤマメ。反射的に、上に合わせてしまい、ラインが木に引っかかってしまいましたが、何とか取れました。

山岳渓流の装い

上の方に来ると、勾配がきつくなって、岩が多くなってきました。初めて入る川なんで、出渓点が分からないんですが、引き返さずに、強行。日が傾き始めたんで、急いで、上ります。

かなり水が多く、ほとんどポイントがありません。そんな中、流芯の脇に、いかにもイワナが付いていそうな弛みがあったので、岩にしがみ付きながらキャスト

良型のイワナ

やっぱり居ました。残念ながら、尺ではありませんでしたが、この日、最大、28.5cmのイワナ

時計を見ると、午後6時。左岸に、畑の車止めに通じる、出渓点を見つけたんですが、もう少し、上ってみます。

最後に堰堤で

急勾配のポイントを過ぎると、奥に堰堤が見えてきました。予想通り、水量は、かなり多め。

何とか、プール下に移動し、マーカー下を、少し長めにして、キャストすると、1投目でヒット。入れ食いとまではいきませんが、ここだけで、10匹近く釣れました。粘れば、まだ釣れたでしょうが、初めての渓なので、安全のため、PM7:00で納竿。

ここ最近、置賜野川、最上白川、小国川と、有名河川で撃沈していただけに、いいストレス発散になりました。

気合を入れて遠出すると、いい釣りができず、近場のマイナー河川に、ぶらっと行ってみると、いい釣りができる。

今シーズンは、不思議と、こんなのが多いです。

スポンサーリンク

コメントを残す