渓流解禁!川虫で釣るヤマメとイワナ

スポンサーリンク

山形県でも、ようやく渓流解禁。昨シーズン同様、餌釣りでのスタートとなりました。しつこいようですが、フライをやめた訳ではないです。

スポンサーリンク

雪代の無い春

暖冬の影響

4月最初の日曜日。山形県内陸部の某川。暖冬で雪が異常に少なかったせいか、残雪がほとんどありません。雪代も3月中にほぼ出尽くしてしまったようです。

堰堤と淵

フライでも全然行けそうな陽気ですが、水温は6.5℃。ドライにはまだちょっと早いかな。

川虫採り

今年は熊太郎(ミミズ)を連れてきてないので、川虫を現地調達できなければ、帰るしかありません。

スコップで瀬の石を片っ端からひっくり返すと。

ヒラタ

いるわいるわ、ヒラタのオンパレード。ここで採れるのは9割方これ。たぶんエルモンヒラタカゲロウです。

オニチョロ

こちらはフタツメカワゲラ属の何かです。いわゆるオニチョロ。鼻穴みたいに見えるのは単眼だそう。

半年振りのヤマメ

午前10時半を過ぎると、水温も上がってきたのか、ヤマメがポツポツ釣れ始めました。水が綺麗過ぎ、淵の底まで見えるので、ほとんどサイトフィッシングです。

半年振りのヤマメ

ヒラタで釣れたヤマメ。半年振りに見る美しい魚体に、しばしうっとり。

マエグロヒメフタオカゲロウのダン

水際の石上にとまっていたメイフライ。マエグロヒメフタオカゲロウの亜成虫(ダン)。

黒いイワナ

昼飯を挟んで、川虫を補充してから、支流の堰堤へ移動。

仕掛けを切り詰めて、オモリを4Bにし、ヒラタを白泡の切れ目に入れてやると。

錆びたイワナ

今日一番サイズのイワナ。サビで真っ黒ですけど、全然痩せていません。暖冬の影響か、はたまた解禁を4月にした効果でしょうか。

自己最高の釣果

今日の釣果はヤマメ9匹にイワナ22匹。フライを含めても、トータル31匹は自己最高です。解禁3日目ということもありますが、やっぱり川虫って釣れますね。

とは言うものの、今年のエサ釣りは今日で終わり。来週からは本業のフライで行きます。

スポンサーリンク

コメントを残す