簡単らくらく!川虫の採り方と装備

スポンサーリンク

玄人向けと思われがちな川虫採り。いい場所と適当な道具さえあれば、そんなに難しいものではありません。

スポンサーリンク

春の川虫採り

川虫採り装備

私の場合、釣行前に川虫採りだけをするということがないので、大掛かりな道具は使いません。釣り上がりながらも使えるよう、機動性を重視しています。

川虫網とステンレススコップ

小さめの川虫網とステンレススコップ。ネットリリーサー(磁石)で留めてあります。

平型ピンセット

今年から導入した平型ピンセット。対象物を傷つけにくい樹脂製です。

以前は、ヒラタを採るためのヘチマも持っていたんですが、スコップで事足りるので今は使っていません。

川虫の採り方

ここで紹介するのは、あくまで、現時点での私流の採り方です。採取する場所や、狙う川虫の種類によっては、もっと効率のよい方法があるかもしれません。

石をスコップでひっくり返す

下流側で網を構え、上流側の石をスコップでひっくり返します。

網にかかった川虫

石から剥がれ落ちた川虫が、流されて網にかかります。

川虫とピンセット

ピンセットなどで優しくつまみ上げます。

水苔と餌箱

水苔を敷き詰めた餌箱に放り込みます。

この中で、自信を持ってお勧めできるのは、ステンレススコップですかね。大きめの石でも、テコの原理で簡単にひっくり返せます。よく足でグリグリやる人がいるんですが、結構大変なうえ、シューズが痛んでしまいます。素手でやるのも冷たくて痛いですしね。

網はランディングネット(タモ)じゃなくて、川虫専用のものが使いやすいです。浅くて白いので、川虫を見つけやすいんです。

エサ箱についてはまた後日。

※『川虫に桐の餌箱がいい理由』を投稿しました。〔2017年1月 追記〕

スポンサーリンク

コメントを残す